外壁塗装の役割

  • TOP
  • 外壁塗装の役割
外壁塗装の役割

常に日光、雨、風に晒されている外壁や屋根などは見た目にも劣化が分かる部分になります。
それらを塗装することで、もう一度きれいに生まれ変わらせることができます。
また塗装することで様々な効果も期待できます。

外壁塗装のメリット

建物の保護

塗料を建物に塗ることで、紫外線や雨風から建物を守ります。
塗装のありとなしでは、劣化のスピードが異なるので、長期間建物を保護するには塗装をおすすめいたします。

建物の美観向上

お好みの色や質感の塗料を塗ることで、建物の見た目を美しくいたします。
訪れる方も見た目のきれいな建物の方が良い印象残していただけます。

遮熱・断熱効果

夏は温度を抑え、冬場は熱を逃がさないといった、建物内を快適な環境にする効果がございます。

防藻効果

建物に藻が生えているのをご覧になったことがありませんか?
一度除去し、塗料を塗ることで、再発生を防ぎます。

防カビ効果

カビの発生を防ぎます。
清潔感が出て、環境も良くなるのでおすすめです。

塗り替えの必要性について

私たちの生活を守ってくれる外壁は、日光や雨風を受けることで少しずつ劣化していきます。
建物が脆くなったり、雨漏りが発生するなどして、更に劣化を加速させてしまう恐れがございます。
その建物を守るために、外壁の塗装を定期的に塗り替えることで、劣化を抑え、建物を長くお使いいただけるのです。